Dunkwell

Biography

東京生まれ
「ペンキを塗りつける」という行為を意味する英語名 「dunk well」 は80年代NYのストリートカルチャーへの敬愛に由来する。日本語のカタカナ文字をタギングしたテキストペインティングが2018年に、ニューヨーク・ブルックリンにて発表される。スクランブル交差点や繁華街などTokyo特有の景観の中で光るデジタルサイネージや看板、広告の中で多用されるカタカナ文字をストリート表現へ転用し注目を浴びる。Dunkwellによる壁画はTokyo各所にも点在する。

Dunkwellはフルデジタルの描画を「スプレー缶よりも日常に近いもの」として積極的に探求する。一般的に普及した液晶スクリーンを制作手法の中心へ据え置く試みは、自身の創作をより身近で日常的な経験と結びつけて感じて貰いたいというメッセージであり、アーティストの創作が特権的に見えるような構造からの解放を意図している。

街の中で壁に描かれたグラフィティーがやがては消えてゆくように、デバイス自体も技術革新において絶え間なく進化してゆく。グラフィティーの儚さを予感をさせるブラシマーク、重力方向の無い平面の上で生み出される勢いのあるストローク、存在しないにも拘らず知覚可能なテクスチャー。Dunkwellの作品は、スケッチブックがタブレットに代替される2020年代の新たなイメージとして未来の私たちに記憶されていくのだろう。
9 results
Available
Egg
¥150,000
Dots
Dots
¥77,000
Vegetable
Vegitable
¥70,000
Piano
Available
Piano
¥88,000
Egg
¥99,000