EXHIBITION

For yesterday |  Mikio Hasui Solo Exhibition

For yesterday | Mikio Hasui Solo Exhibition

 
この度、WHYNOT. TOKYO では展覧会『For yesterday』にて、写真家 蓮井幹生の未発表作品の新作展示を致します。

 写真はすべてが過去である。時間として過去ではなく、意識として過去である。その時に網膜が見たことから、意識はどのくらいの距離を保っているのだろうか。」

 ー 蓮井幹生

Read more
日常に夢中

日常に夢中


日常に夢中
3人の中では人を描く習慣ある。
そのきっかけはなんでしょうかと自分に問いかけると、やはり日常からこぼれ落ちたり、見落としたり、美しい物を見つけ続ける目を磨きたいからだ。
日常を見ることで自分を見つめ直したり、新たな感謝の気持ちが湧いたり、生きることにさらに夢中になれる。
Read more
THE INEVITABLE Part 2

THE INEVITABLE Part 2

THE INEVITABLE Part 2: the show
会期:2020年11月6日~23日
開廊時間:金曜日~日曜日 13:00-19:00 *初日は、17:00-20:00まで
*感染症対策の為、場合によっては入場制限を実施致します。
ライブ配信: 2020年11月13日(金)20:30-
トーク出演者:高野萌美、高屋永遠、松本友也(Rhetorica)*五十音順
視聴方法:ギャラリーHPからご視聴頂けます。 
Read more
THE INEVITABLE Part1:  Artists Studio 

THE INEVITABLE Part1: Artists Studio 

THE INEVITABLE Part 1 : Artists Studio  
TOWA TAKAYA OPEN STUDIO "substance / time / vision" 
Date: From 19th Oct to 31st Oct in 2020. 
* Please book your visit from Peatix. 

BOOKING YOUR VISIT
URL: https://theinevitable-part1.peatix.com/
General enquiry: info@comapth.city
Read more
SFC TOUCH LAB exhibition 2020 09/19-09/21 @ 祐天寺 GALLERY whynot?

SFC TOUCH LAB exhibition 2020 09/19-09/21 @ 祐天寺 GALLERY whynot?

本展示会では、研究期間に得た研究成果物を一般の方へのフィールドワークの一環として公開します。また、研究知見を利活用して実施した4件の研究プロジェクトを実事例として併置します。触覚研究の拡がりと裾野の広さを体験してください。

Read more
Augmentation

Augmentation

今回の展示「Argmentation」では、田中にとっては自己を表現する言語である線の可能性を探求した作品群を展示致します。ペンを持てば誰でも引くことができる線は、田中にとって他者と分かち合える無限の可能性を秘めたものとして解釈され、制作の中で様々に姿、形を変えていきます。人生における未知の部分を恐れることなく楽しみ、前に進んでいくことで開かれて行く可能性を体現する作品から、作家の持つエネルギーと生きていることへの喜びと熱狂が伝わってきます。緻密な線と、ブロッキングされた色彩が織りなす刺激的な視覚体験。思わず踊り出したくなるようなポジティブでミュージカルな作品たちを是非御堪能下さい。
Read more
Hidden Landscapes

Hidden Landscapes

Hidden Landscapes
Miko Hasui Solo Exhibition 
「 私はいつも何かを思考している。人のこと、生活のこと、将来のこと。しかしそれらはいつもこの風景のように霧の中で、一寸の先も見ることはできない。私は常にこの霧の中を歩き、迷っている。そして何も決めることができない。だが、今し方見えた美しい風景の断片のように、霧の向こうには確実に美しい風景がある。私は、今を恐れることなく、ひたすら未来に向かうことしかないということに気づいた。その美しい豊かな風景を信じて。誰しもが、霧の中に生きているのである。」 

Read more
今ここ、小さな自由

今ここ、小さな自由

本展では、緊急事態宣言の自粛期間中に作家によって制作された新作を含めた約20点の作品を展示します。 今回、協働で展示をする高野萌美と高屋永遠は、1990年代のバブル崩壊後の日本の首都圏に生まれ育ち、発展していった グローバル化の中で同時期にイギリスで美術を学んだ一方で、国際社会の保守化も体験します。 そして、コロナ禍における制作は、両者に日常の瞬間を改めて思い起こさせました。 高野は、車道に引かれたセンターラインを モチーフにした作品や、より布であることが明らかに示された作品を制作しました。
Read more
LOOK AT THINGS WE OUTPUTTED. MAY BE WE ARE JUST MACHINES CALLED 'HUMAN'.

LOOK AT THINGS WE OUTPUTTED. MAY BE WE ARE JUST MACHINES CALLED 'HUMAN'.

「見て、作り出された物を。もしかしたら、私達は人間と呼ばれる機械にすぎないのかもしれないけれど。」は、日々作品を作りづづけるアーティストの態度へのシニカルでニヒルな皮肉と、反面、大量生産のラインの中では消されてしまう歪なものの面白さを再認識することの楽しさを投げかけます。 

それぞれの個性が光る陶芸作品たちや、勢いを感じさせる即興的な絵画に囲まれながら、是非この機会に毎日を少し楽しませてくれるような楽しい作品を見つけてみてはいかがでしょうか。

Read more
I'd Rather Be Your Travel

I'd Rather Be Your Travel

この度 why not ? では、高野萌美の個展「I'd Rather be Your Travel 」を開催致します。

今回は、「旅」をテーマに高野の「Wall」シリーズを中心に、新作、旧作を合わせた回顧展形式で展示致します。

現在、横浜・関内を拠点に制作する高野は、イギリスで現代美術を学んだ後に国内外の様々な場所へ出かけてはスタジオに戻り、文字や言葉(Text)と布や糸(Textile)を用いた制作スタイルを確立してきました。

Read more
UNTITLEDIES

UNTITLEDIES

本展では、2009年から2019年までに制作された高屋永遠の抽象絵画作品を展示致します。 アーティストとしての高屋の活動は絵画作品から始まりますが、絵画の形式的な在りように疑問を持ち、実験的短編映像、インスタレーション、写真、コラージュ、テキスト、VR、壁画などメディアを横断した制作を通して、空間における平面領域の操作と支持体の変容に取り組んできました。
Read more
紅型の世界

紅型の世界

「紅」は色全般を、「型」は様々な模様を指し、その起源は14〜15世紀に遡ります。琉球の王族や士族の衣装として永く染められ、江戸時代に本土との交易を通して伝統的な日本の染物にも影響を与えました。 第二次世界大戦で多くの型紙が焼失しましたが、鎌倉芳太郎が収集し本土に残っていた一部の型紙や写真をもとに、王朝時代からの紅型宗家の手によって紅型は復興されます。 蘇った紅型に感銘した民芸運動の芹沢銈介と門下である下平清人らの染色家、独特の糊描友禅で紅型の世界観を表現した栗山吉三郎により、新たな紅型表現が生まれました。

Read more
17 results