art for all "Statements"

この度、弊廊では2021年11月6日(土)から11月14日(日)までの会期で、美術分野の環境の向上を目的に活動している美術の作り手と担い手たちのネットワークであり任意団体 art for all による展示「statements」を開催いたします。
 
art for all の結成、政府への美術分野における緊急支援要望書の提出、オンラインでのミーティングの議題や、art for all主催の勉強会「アーティストのための実践講座」の概要などを年代順に掲示致します。
 



【展示概要】

展示タイトル:art for all "Statements"

会場:WHYNOT. TOKYO 〒153-0053 東京都目黒区五本木2-13-2 1F

主催:art for all

会期:2021年11月6日(土)〜11月14日(日)

営業時間: 13:00-19:00 

休廊日:無し

入場料:500円

お問い合わせ:info@whynot.tokyo


【art for allについて】

art for allは主に美術分野の関係者から成るプラットフォーム。2020年のコロナ禍において、文化的・芸術的営みが閉ざされていく危機に対して、芸術分野の生態系を損なわずに、さらなる活力がもたらされることを目指し任意団体としての活動を開始。

 オンライン上での会議を重ねながら、美術業界全体が情報を共有しお互いのニーズや活動をシェアできるネットワークを形成することによって、コロナ禍の影響から美術業界が立ち直り、より豊かな生態系を形成することに向けて様々な具体的な活動に取り組む。