Dunkwell初個展 sketches



弊廊では2021年6月4日[金]から6月26日[土]までの会期でDunkwell自身初となる個展sketches を開催致します。

当たり前の毎日の光景から見落とされてしまうささやかな光景を i pad を用いて描き出す Dunkwell は、形式にとらわれる事なく革新的でありながらも誰もが親しめる手法や主題を用いて独自に表現し続けて来ました。そのようにして捉えられた日常の姿は、アートのもつ本来の楽しみや可能性を今一度、観る者の胸に呼び起こします。

本展では、ボトルや食器や猫、バスケットシューズ、モーニングコーヒーを片手に立つ人など、家庭や街の中にある様々なモチー フが描かれ、アーティストの斬新なストロークと大胆に融合し、普段は見過ごされがちなものたちが主人公のような存在感を獲得しています。

蕾が咲くことを待ちながら花を愛でるひと時。誰から贈られたかも知れない一輪の花。庭や公園に広がる草花の風景。それらは、動き続ける忙しない都会の気配を捉えながらも、その中にでも確かに見出すことのできる心休まるごくプライベートで懐かしい感覚を体現していきます。
彼のホームタウンに程近い WHYNOT でのアーティスト初個展では、未発表作品 全23点をご紹介致します。
この機会に、エネルギーに満ちた Dunkwell の作品を是非ともご高覧下さい。

 


【作品展概要】
会場: WHYNOT. TOKYO
住所:〒153-0053 東京都目黒区五本木2-13-2 1F
会期:2021年 6月4日(金)〜6月26日(土)
営業時間:木〜土 13:00-19:00 *水曜日のみ要予約
ご予約: info@whynot.tokyo​
オンライン公開:2021年 6月4日(金) 13:00-
URL: https://whynot.tokyo/pages/feature

 

 

 

Dunklwell(ダンクウェル)
Artist
東京都生まれ

「ペンキを塗りつける」という行為を意味する英語名 「dunk well」 は80年代NYのストリートカルチャーへの敬愛に由来する。日本語のカタカナ文字をタギングしたテキストペインティングが2018年に、ニューヨーク・ブルックリンにて発表される。スクランブル交差点や繁華街などTokyoという都市特有の景観で光るデジタルサイネージや看板、広告の中で多用されるカタカナ文字をストリート表現へ転用し注目を浴びる。Dunkwellによる壁画はTokyo各所にも点在する。 Dunkwellはフルデジタルの描画を積極的に探求する。当時のストリートカルチャーにおけるスプレー缶よりも、現代においてはタブレットこそがより日常的に用いられるものであり、その一般的に普及した液晶スクリーンを制作手法の中心へ据え置く試みは、自身の創作をより身近で日常的な経験と結びつけて鑑賞できる余地を作り出す。その姿勢は、アーティストの創作が特権的に見えるような構造への抵抗でもあり、アーティスト自身が自由の希求した結果でもある。 街の中で壁に描かれたグラフィティーがやがては消えてゆくように、デバイス自体も技術革新において絶え間なく進化してゆく。グラフィティーの儚さを予感をさせるブラシマーク、重力に影響されない平面の上で生み出される勢いのあるストローク、存在しないにも拘らず知覚可能なテクスチャー。Dunkwellの作品は、スケッチブックがタブレットに代替される2020年代の新たなイメージとして未来の私たちに記憶されていくのだろう。