鈴木 秀尚 個展「収差する表面」

■鈴木 秀尚 個展「収差する表面」概要

展示名:鈴木 秀尚 個展「収差する表面」
会期:
・2021年11月18日(木)15:00~20:00(プレスビュー・招待制)
・2021年11月19日(金) - 2021年12月5日(日)13:00-18:00
休廊日:月・火・水
開催場所:WHYNOT.TOKYO(東京都目黒区五本木2-13-2 1F)
入場:無料

------

鈴木 秀尚 は、2014年に武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程美術専攻油絵コースを修了し、絵画を通し、虚構と現実の問題を探求しています。2009年に村上隆が主催するGESIAI#13にてゴールデンアクリリック賞を受賞。2021年にはFoundworkのGuest Curators ProgramでMake Roomのファウンダーであり、ディレクターの Emilia Yinに選出される。またベルギーのアート系出版社であるTiqueのSix Questionsというプロジェクトに参加。
近年ではLondon Paint Clubのオンライン展覧会「TOGETHER THROUGH PAINTING」、イギリスのギャラリー、Rise art soho galleryのグループ展「EMERGENCE」に参加するなど、活動の場を世界中に広げている。

本展「収差する表面」では、「収差」をテーマにした渾身の新作絵画作品を展示致します。縦約230cm×横180cmの大作『The day before』を中心としたこの個展では、氾濫している情報としての画像の中に見出されるイメージの虚構性と、そうして意図的に選ばれたモチーフに潜む記号性とが、絵画として描かれることで身体性を獲得し、新たな像が示されていきます。筆により再現されるイメージは、現実と虚構のどちらでもない地平に位置することで、「写像」と「観ること」の間に存在する不確実な関係性の中で展開され、軽やかで大胆なストロークと単色でありながらも幅のある色彩により、自在な抽象性を獲得しています。

鈴木 秀尚 は、本展に寄せて自身の作品について次のように言及しています。
------

収差とは、レンズで像を作るときに光線が一点に集まらず、ぼやけたり、歪んだりして、ズレが発生することです。私は絵画でそのような仕組みを作り出したいと考えています。
絵にすることで意味や名称を剥ぎ取り、匿名のイメージにすり替える。理解できない複雑さをそのままに、曖昧で鮮明な絵を描きたいと思います。

鈴木 秀尚

 

■鈴木 秀尚 個展「収差する表面」展示作品(一部)

 

タイトル:The day before
メディウム:oil on canvas
サイズ:530×455mm
制作年度:2021

 

 タイトル:Civilization
メディウム:oil on canvas
サイズ:652×530mm
制作年度:2021

 

タイトル:Illusion
メディウム:oil on canvas
サイズ:333×242mm
制作年度:2021

 

 

同時販売作品(オンライン限定公開)