Ryoji Hirose

 

Biography

1952年生。神宮前で古道具屋「Out Of Style」を経営していた時にオブジェを作り始め、現在は古い素材の質感を取り込んだオブジェ、コラージュ、ドローイングなどを制作。作品の表現方法が固定しないように意識した制作を続けている。
2013~15年に大阪「エッセンシャルストア」内ギャラリーで個展、2016年に目黒「金柑画廊」で東京での初個展「平行線の交叉する処」を開催。2017年 「空に落ちる線」 (大阪 ギャラリーヨルチャ)、「線の速度」 (SEIN 祐天寺)などがある。

【個展】
2020年
「尻尾を隠さず隠れる」(流浪堂/学芸大学)
2019年
「最後通告」(金柑画廊/目黒)
「ものたりず」(亀戸アートセンター/亀戸)
「女の回し蹴り」(幾何/清澄白河)
2018年
「この先の不在」(TETOKA/神田)
「蒸発する地平、景色の喪失、速記者」(流浪堂/学芸大学)
「皺と襞」(金柑画廊/目黒)
2017年
「空に落ちる線」(ギャラリーヨルチャ/大阪)
「線の速度」(SEIN/祐天寺)
「あいまいの狭間」(金柑画廊/目黒)
2016年
「平行線の交叉する処」(金柑画廊/目黒)
【その他】
【グループ展】
2020年
「ARTC」(亀戸アートセンター/亀戸)
0 results

Sorry, there are no products matching your search